会社概要

不動産で日本を元気にする

人が実世界に存在する以上、何をするにもリアルな空間は不可欠です。住宅、ホテル、オフィス、飲食店など。不動産は全ての空間に必要、すなわち、全ての仕事や人々の夢に関わるもの。不動産を有効活用することによる、社会へのインパクトは計り知れないものと信じています。バブル崩壊以降、日本は長年デフレに苦しんできました。人々はいつまた訪れるかわからない大不況を見越して消費を抑制。消費需要が伸びない中、生産者も価格を下げざるを得ず、賃金も上がらない。賃金が上がらないので消費需要も結果上がらない、といった悪循環に陥っています。この状況を根本から解決するためには、消費需要を底上げするしかない。

我々ジャパン・プロパティーズは、新しいモノとサービスが産まれる、実態のある不動産をプロデュースしてきたいと思っています。不動産に人々が集まり、街が活性化する。街の活性化の延長線上には、日本全体の活性化がある。微力ながら我々の取り組みが、日本を元気にする。そう信じて日々仕事に向き合っています。

CEOプロフィール

代表取締役  高 将司

1985年、東京都葛飾区生まれ。人情味あふれる下町で育つ。「自分の城は自分で築け。仲間を大切にしろ。自ら裏切るくらいなら、裏切られろ。正直に生きろ。」と幼い頃に父に言われ続ける。常に周りには人が集まり、慕われていた父を尊敬し、「粋」をテーマに生きている。起業家だった父や叔父の影響で、幼いころからいずれ起業したいとの想いを募らせる。

2006年、サヴィルズ・ジャパン株式会社(本社:英国)に入社。オフィスリーシング事業の日本マーケット立ち上げメンバーとして参画。最年少ながら売上を伸ばし、日本マーケットでの基盤構築に貢献。

2012年、ジャパン・プロパティーズ株式会社を設立。持ち前の人当たりの良さで、上場企業からベンチャー企業まで、世界中で幅広い経営者のネットワークを持つ。

CEOメッセージ

2011年3月11日、東北大震災が日本を襲いました。自粛ムードの中、東京ですら街を出歩く人は少なく、閑散としていました。当時、日本全体で元気が無かったことを記憶しています。自分が大好きな不動産で、日本を少しでも元気に出来ないだうか?2012年1月11日にジャパン・プロパティーズを創業したのは、これがきっかけでした。

日本にある企業の内、97%が中小企業。大企業のみならず、中小企業もしっかりサポートしなければ、日本経済の底上げには繋がりません。中小企業にとって、高い固定費となるオフィスは大きな悩みのタネ。当社は創業時からオフィス仲介を通して、中小企業の経営者の皆様と伴走し、共に成長してきました。

お客様の要望に応えたいという一心で邁進してきた結果、オフィス仲介に加えて、住宅売買仲介、不動産管理、不動産投資など、様々な不動産事業を展開してきました。決して目先の売上に走らずに、あくまでお客様にとってベストな解決策を提案する。この心構えは忘れずに、信頼される身近な不動産の相談役を目指して日々精進して参ります。

ジャパン・プロパティーズ株式会社
代表取締役  高 将司

会社概要

社名
ジャパン・プロパティーズ株式会社; Japan Properties Co., Ltd.
所在地
〒106-0032
東京都港区六本木6-7-10簗場ビル3F
Tel
03-5411-7500
Fax
03-5411-7525
設立
2012年1月11日
業務内容
不動産仲介(オフィス賃貸、住宅売買、ビル売買)、不動産管理、不動産投資
代表取締役
高 将司
取締役
達紙 貴史
従業員数
18名 (2019年4月1日現在)
資本金
5000万円
免許番号
宅地建物取引業免許/東京都知事(2)第93935号
金融商品取引業登録/関東財務局長(金商)第2969号
(第二種金融商品取引業、投資助言業務)
不動産特定共同事業許可/金融庁長官・国土交通大臣第93号
加盟団体
公益社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人 不動産保証協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 アジア経営者連合会
EO – Entrepreneurs’ Organization(起業家機構)
取引銀行
三井住友銀行 六本木支店
りそな銀行 大森支店
みずほ銀行 六本木支店
さわやか信用金庫 六本木支店
三井住友銀行 六本木支店
西武信用金庫 渋谷営業部
きらぼし銀行 本店 ( 旧新銀行東京 東京みらい営業部)
城南信用金庫 青山支店
東和銀行 銀座支店
百十四銀行 新宿支店
CALL NOW